海外用simカードの利用が向いている人の特徴や購入する前の注意点

海外用simカードの利用が向いている人の特徴や購入する前の注意点

スマホユーザーが爆発的に増えたこと、そして比較的安定したデータ通信速度でインターネットを利用できるようになったことで、
スマホの機種選びだけでなく、インターネットを利用するための「simカード選び」にも強いこだわりを持った方が急増しています。
現在、日本国内には、インターネットをより安く利用できるようにと「格安simカード」や「プリペイド型simカード」を販売するMVNO事業に
多くの企業が参入しており、これまでのスマホ料金を半額以下に抑える工夫ができるようになりました。
スマホ料金に関しては、国内利用者に限らず、旅行や出張などで海外に短期滞在する方や、
数カ月ほど長期にわたり海外に滞在する方にとっても大変気になる点ではないでしょうか。
そこで今回は、海外でスマホやインターネットを快適に使うための必須アイテムである「海外用simカード」の利用が向いている人の特徴や、
海外用simカードを使用する際の注意点についてご紹介します。
 
 

海外用simカードの利用が向いている人の特徴とは?

日本以外の国で「いま使っているスマホを使いたい」、或いは「現地でもインターネットを快適に使いたい」という方には、
「海外用simカード」の利用をおすすめします。
そして以下では、海外用simカードの利用が向いている人の特徴をいくつかまとめています。
これらの特徴に一つでも当てはまっているときには、ぜひ海外用simカードの利用をご検討ください。
 
特徴① 海外でのデータ通信料を安く抑えたい人
「海外でのデータ通信料を安く抑えたい」という方には、海外用simカードの利用をおすすめします。
日本の携帯電話キャリアで契約中のスマホであっても、国際データローミング機能を使えば海外でも使えるようになりますが、
高額な利用料金がかかることは大きなデメリットにもなります。
海外用simカードであれば、地元の人々も使っている現地の携帯電話キャリアのsimカードを使うことになるため、
国際データローミング機能を使ってインターネットを使うよりも、利用料金を半額以下に抑えることができます。
現地に到着してからsimカードを購入することも可能ですが、日本国内の販売店から海外用simカードを購入すれば、
端末の設定方法や使用方法に関しても、日本語で丁寧にサポートや回答をしてもらえるので安心です。
日本にいる間に海外用simカードを購入した場合でも、7日間使えるsimカード一枚を1000円弱ほどで購入することができ、
国際データローミングの定額プランを1日に利用した場合の料金と比較しても、料金を半額ほどで押さえられることも大きなメリットです。
 
特徴② 海外に短期、あるいは長期で滞在する人
海外に滞在する期間が「短期」、あるいは「長期」の時でも、海外用simカードを使うと大変便利です。
先にご紹介したように、日本で使っている従来のスマホで国際データローミング機能を使うよりも、
海外用simカードを使ったほうがデータ通信量を安く抑えることができます。
そのため、短期の滞在であっても国際データローミングを使うよりも、半額以下で現地のインターネット回線を使うことができますし、
滞在期間が長ければ長いほどその安さの割合は大きくなっていきます。
また、海外用simカードの場合、あらかじめ選んだ利用期間を超過しても、必要な手続きを行うだけで気軽に「延長して使える」といったメリットがあります。
例えば、試しに7日間使えるsimカードを購入して、その後も続けて使いたいといったときには、期間を超過してしまうまえにリチャージして
必要な料金を補充することで、自動的に利用可能期間が延長されるようになっています。
後からでも延長手続きが簡単に行える海外用simカードは、「現地でデータ通信をどのくらい使うか分からない」といった方がお試し用として使うのも
おすすめですし、使い勝手が悪ければ期間ギリギリまでは使用して、他のsimカードを試してみるといった使い方もおすすめです。
このようなことからも、海外への滞在期間が短期、あるいは長期で滞在する方どちらにとっても海外用simカードの利用は向いている、
といえるのではないでしょうか。
 
特徴③ simフリーやsimロック解除済み端末を持っている人
すでに「simフリー」や「simロック解除済み」のスマホやタブレットなどの端末を持っているという方には、海外用simカードのご利用をおすすめします。
日本の携帯電話キャリアから購入したスマホやタブレット端末にはsimロックが掛けられており、そのままの状態では他社で購入した国内用simカードをはじめ、
海外用のプリペイド型simカードも使用できません。
そのため、海外用simカードを使用する際には、必ずsimフリーの端末、またはsimロックが解除された端末が事前に用意しておく必要があります。
日本国内の携帯電話キャリアで購入できる端末にはsimロックが掛かっていますが、それ以外の業者から購入した端末の大半はsimフリーであることから、
既存のsimカードを海外用simカードに入れ替えたとしても、すぐにインターネット回線につなげることができます。
このように、simフリーやsimロックが解除された端末をすでに持っているという時には、これを利用しない手はないため、
海外に滞在される際にはぜひ海外用simカードのご利用をおすすめします。
 
特徴④ 音声通話の機能も同時に使いたい人
海外で使えるsimカードの特徴の一つが、データ通信機能にプラスして「音声通話機能」も使えるといったことです。
国内用simカードを使って電話回線を使った音声通話を行いたいといったときは、事前に本人確認書類の提出や事前審査が必要になるのが基本です。
そのため、国内でsimカードを購入するときには、基本的にデータ通信専用のプリペイド型simカードを利用される方が多いようです。
一方、個人用として海外で使えるsimカードの中には、データ通信だけでなく音声通話も行えるタイプのものがあります。
こういったsimカードであれば、基本的に現地で本人確認を行う必要もないですし、事前支払いを行うことから追加料金が発生することもありません。
そして、音声通話ができる海外用simカードを購入した場合は、海外の電話回線を使うことから事前に現地の電話番号を手に入れることができます。
このように、海外旅行先や出張先の現地では「データ通信だけでなく、音声通話の機能も同時に使いたい」といった方であれば、
海外用simカードの利用が向いています。
 
特徴⑤ 慣れているスマホを海外で使いたい人
海外で使えるスマホやガラケーなどの端末をレンタルして使う方法もありますが、「慣れているスマホを使いたい」といった方には、
海外で使えるsimカードの利用をおすすめします。
いま使っているスマホを大手携帯電話キャリア以外で購入した場合は、simフリー端末である可能性が高くなります。
しかし、そうでない場合はsimロックが掛かっていることから、事前に各キャリアに端末を持っていき、
simロック解除の手続きをしてもらうことで海外用simカードが使えるようになります。
海外旅行中は、現地の地理にも詳しくないですし、英語以外の言語を使う国では言葉の壁を感じるシーンが多くなります。
そういった時でも、すぐに地図アプリや翻訳アプリなどを利用できれば便利ですし、使いたいアプリを素早く起動させるためにも
慣れ親しんだいつものスマホを海外でも使えことに越したことはないでしょう。
日本にいる間に海外で使えるsimカードを用意しておけば、simカードの入れ替えや設定などを時間に余裕をもって行うことができので、
出来るだけ早いうちに海外用simカードの入手しておくと安心です。


pocket wifi ญี่ปุ่น
pocket wifi japan
เช่า  wifi ญี่ปุ่น
sim ญี่ปุ่น
sim japan